2010年08月06日

M14 NPAS 組み込み方 WE M14

RA-TECHより発売しているNPASキット
組み込み方が英語で記載されているため、分かりにくいとのお話がありました。

今回日本語で解説記事を書きたいと思います。

NPASは現在1円オークションにて出品中です↓
ヤフーオークション

まずはM14を分解から

まずはトリガーガードを写真のように引き、ロックを解除します。


トリガーユニットを外すと、ストックが取り外せます。


こちらのパーツを取り外します。取り外す際には、セレクターを半分回し、ボルトをすこし引きます。


次にこちらのレバーを外します。 ピンを抜くと外れます。
この際スプリングが飛んでいかないように注意してください。


次に、こちらのネジを外していきます。 左右長さが違いますので、ご注意ください。



反対側と、フロント側のネジを外していきます。


ネジを外すと、こちらのパーツが取り外しできます。写真からみて、下側に引き下げていきます。
タイトに組み込まれているので、この際、マイナスドライバーなどで少しずつ外していきます。


ピストンが入っているユニットが、写真のバーで取り付けられているので外していきます。
写真の位置あたりにもってきて、ユニットを↓に引き下げてからひねると外れるかと思います。


こちらのレール型のパーツを外します。 マイナスドライバーなどで内側から押すと簡単にはずれます。


次にこちらのピンを抜きます。 ピンには方向がありますので、写真の向きから取り外します。


ピンを外すとこちらのピストンが取り外せます。


次にこのピンを抜きます。 こちらも方向があります。


中身はこんな感じ。



NPASとノーマルノズルの違いはこんな感じ



次にこちらのパーツを加工します。


1.82mmカットするとありますが、0.5mmぐらいであれば誤差があっても大丈夫そうです。

カットは全体的に1.8mm掘り下げる感じです。
カッターですと、カットしにくいのでヤスリで削るほうが良いかもしれません。
私はカッターで印をつけ、ヤスリで削っていきました。




ヤスリとカッターを使ってカットしました。
このあと、バリを取って、1000番2000番ぐらいのヤスリで整えていきます。
整えたあとの画像は撮り忘れてしまいました。

加工自体は割と簡単です。

続いてスプリングの加工

ニッパーで折り返してある部分を切るだけでOKです。
このスプリングは細いのでとくに尖った部分がでたりしないので。
目視で尖った部分があった場合はヤスリですこし整えてあげてください。

折り返しの先の所をかっとしただけですので、ニッパを外せば↓の画像のようになります。



組み立ては今行った工程の逆順でOKです。


アジャストは分解しなくても、この状態でもできちゃいますw







同じカテゴリー(長物ガスブロ)の記事画像
WE社M14 RAS入荷
WE G36C リアル刻印バージョン スコープセット
WE G36C ガスブロ用刻印パーツ
WE M14  RAS搭載モデル発売
M14ガスブロ ガス注入の際の注意点
M14ガスブロ NPASカスタム 出品しました。
同じカテゴリー(長物ガスブロ)の記事
 WE社M14 RAS入荷 (2011-06-01 00:27)
 WE G36C リアル刻印バージョン スコープセット (2010-11-06 23:24)
 WE G36C ガスブロ用刻印パーツ (2010-11-02 18:02)
 WE M14 RAS搭載モデル発売 (2010-08-29 00:24)
 M14ガスブロ ガス注入の際の注意点 (2010-08-28 11:26)
 M14ガスブロ NPASカスタム 出品しました。 (2010-08-08 19:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。